もくじ メンバー


スタッフ

渡慶次 睦範 (所長・教授) tokeshi (atmark) ambl-ku.jp

研究分野: 群集生態学;群集構造論、種共存に関する研究

  • 多種共存系における群集構造、特に species abundance pattern の理論的・実証的解析
  • 種間関係、共存メカニズム、群集パターン
  • 群集構造の比較地理生態(天草、屋久島、スラウェシ等)
  • 南米沿岸生態系の群集構造(ペルーおよびコロンビアとの共同)
  • 河川群集構造の解析(一部ロンドン大との共同研究)
  • 東アジア熱帯・亜熱帯のサンゴ礁・マングローブその他群集構造
 

新垣 誠司 (助教) arakaki (atmark) ambl-ku.jp

  • 温帯及び熱帯沿岸生態系における魚類群集の動態と種間関係
  • 潮間帯生物の個体群・群集生態学

田中 健太郎 (事務/技官 「セリオラ」船長) amakusa(atmark) ambl-ku.jp

尾普@和子 (調査・事務補助)

研究員・学生

横尾 誠 (共同研究員) yoko-o (atmark) ambl-ku.jp

  • 亜熱帯性海浜林における植物―動物関係
  • マングローブ林に生息する節足動物(特に昆虫)の生態

ユサク ラツンデラン パフラノ ダウド (博士課程) pahlano (at mark) ambl-ku.jp
(Jusak Ratundelang Pahlano Daud)

  • Community ecology of coral-associated assemblage

カミラ ナミエ タッシュ キクチ (博士課程) camilakikuchi (atmark) ambl-ku.jp
(Camila Namie Tatsch Kikuchi)

  • Phylogenitic relationships of sharks and community structure of coastal marine fishes

加藤 史弘 (博士後期) fumihiro (atmark) ambl-ku.jp

  • Interactions of sessile organisms on subtropical rocky shores

石井 勝之 (博士前期) kats (atmark) ambl-ku.jp

  • Dynamics of habitat structures and rocky shore assemblages

堀田 拓 (博士前期) hottaku (atmark) ambl-ku.jp

  • Community ecology of sandy and rocky shore assemblages

卒業生

鈴木 和成 (2013修士) kazunari (atmark) ambl-ku.jp

  • Habitat structure and stony shore assemblages

栗元 美代子 (2011博士) kurimoto (at mark) ambl-ku.jp

  • The effects of hermit crabs on the calcareous alga Corallina pilulifera
  • Monitoring of molluscan dynamic in the intertidal area of the subtropic island, Iriomote

田中 丈士 (2011修士) takeshi_T.2008 (at mark) ambl-ku.jp

  • 転石潮間帯群集における体サイズと密度の関係

高伏 剛 (博士課程中退) takafushi (at mark) ambl-ku.jp

  • 移動性貝類群集における体サイズと密度の関係

エドガルド ロンドニオ クルス (2007年博士)

  • 転石潮間帯における移動性ベントスの生態.

ニール ハッチンソン (JSPS外国人特別研究員)  neihu (at mark) ambl-ku.jp
(Neil Hutchinson)

  • The impact of mobile marine predators on low shore community structure

野沢 洋耕 (2006年博士)

  • 高緯度地域におけるサンゴ群集の形成維持機構

新垣 誠司 (2006年博士) arakaki (at mark) ambl-ku.jp

  • タイドプールにおける魚類群集
  • サンゴ礁域の魚類群集構造

前泊 大心 (2006年修士)

  • ツボミガイPatteloida conulusとホソウミニナBatillaria cumingiの片利的共生関係

カカスカスン アンドレアス ルル (2006年修士)
(Andreas Kakaskasen Roeroe)

  • The ecology of seagrass - associated organisms

斉藤 (谷口) 裕美 (2005年博士)

  • 生息場所の複雑性と水生生物群集の多様性について

河井 崇 (2005年博士)kawai (at mark) ambl-ku.jp

  • カメノテとムラサキインコガイの共存機構
  • 海草藻場群集の生態

宮崎 綾 (2004年修士)

  • 干潟における表在性・内在性ベントス群集の資源利用パターン

タムリン (2001年博士)

  • イシサンゴ Alveopora japonica の繁殖生態

大田 直友 (日本学術振興会特別研究員)

  • 近縁肉食貝類2種の共存機構
  • 西太平洋潮間帯性貝類の生物地理と保全生態

角野 敦子 (2001年修士)

  • 転石潮間帯における藻食性巻貝類の生態

カロルス パルンツ (2003年博士)

  • 潮間帯に共存する巻貝2種(アマガイ、イシダタミ)における種内変異

東 美菜子 (2002年修士)

  • 亜熱帯性タイドプールの群集動態

ダニエラ 村松 (2003年JICA研修修了)

  • サンゴの生態およびモニタリング

平川 智晶 (2003年博士課程終了)

  • ウニがサンゴ礁に与えるグレージングインパクトについて
  • 生息場所の構造と群集構造

渡辺 淳 (2004年博士課程)

  • 潮間帯に生息する近縁カサガイ類5種の共存機構

澤田 貴彰  (2001年学士)

  • 河川−干潟エコトーンにおけるマクロベントスの群集生態

時枝 香織 (2002年学士)

  • 転石潮間帯におけるアオガイの生態について

ハニー ティオホ (2000年博士)

  • 高緯度地域におけるイシサンゴ Pocillopora damicornis の生活史に関する研究

檜山真知子 (1997年修士)

  • Sargassum を棲息場所とする等脚類の生態に関する研究

山平寿智 (1996年・博士)

  • クサフグ Takifugu niphobles の潮間帯産卵における潮位選択と卵の生存に関する研究
Copyright (c) Amakusa Marine Biological Laboratory. All rights reserved.